コマンド:スクリプトの実行/Fireworks/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

コマンド:スクリプトの実行

Home>Fireworks>操作リファレンス>コマンド:スクリプトの実行

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[コマンド]->[スクリプトの実行]は、Fireworksで動作する画像加工用のスクリプトファイルを実行します。

[コマンド]->[スクリプトの実行]

スクリプトをつくる

スクリプトを実行するには、まずスクリプトを生成しなければなりません。

ヒストリからスクリプトをつくる

[ウィンドウ]->[ヒストリ]で、[ヒストリ]パネルを表示します。

これまでの操作履歴が保存されているので、その中からスクリプト化したい操作を選択し、右下のアイコン、[ステップをコマンドとして保存]をクリックします。

保存した内容は、[コマンド]メニューの一番下に表示されます。
また、スクリプト自体は、以下に保存されています。

C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\Adobe\Fireworks CS3\Commands

実際にやってみましょう。

まず、キャンバスに円を描きます。
その円形の色を透明にして、枠線を2ピクセルの赤色にします。

キャンバスに赤い枠線の円を描く

[ウィンドウ]->[ヒストリ]で、[ヒストリ]パネルを開き、「透明化→赤い枠線」までの操作を選択して、[ステップをコマンドとして保存]します。

ヒストリから操作履歴をコマンドとして保存

コマンドの名前を「赤い枠線」にします。

コマンドの名前をつける

[コマンド]メニューの最下段に[赤い枠線]というメニューが追加されています。

コマンドにメニューが追加された

スクリプトを実行する

スクリプトは、jsfという拡張子のファイルになります。

このファイルを選択することで、ドキュメント上のオブジェクトに適用することができます。

ヒストリから生成したスクリプト

コマンドメニューから選択

ヒストリから生成したスクリプトは、[コマンド]メニューの最下段に追加されます。

上記で生成した「赤い枠線」を適用してみましょう。

キャンバスに四角形を描きます。色などは適当です。

キャンバスに青い四角形を描く

四角形を選択した状態で、[コマンド]->[赤い枠線]を指定します。

赤い枠線が適用された

▲赤い枠線が適用された

スクリプトを直接指定

[ヒストリ]パネルから生成したコマンドは、以下に[コマンドの保存]で付けた名前のファイル名で保存されています。

C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\Adobe\Fireworks CS3\Commands

このファイルはjsfファイルなので、ここから選択して[スクリプトの実行]を行うことで実行することができます。

その他のスクリプト

インターネット上にあるjsfファイルをダウンロードして適用することもできます。

これらのファイルをダウンロードした場合、実行するためには、その都度、[コマンド]->[スクリプトの実行]を行わなければならず、面倒です。

この場合、上記の[スクリプトを直接指定]で示したフォルダ内にjsfファイルを保存しておけば、[コマンド]メニューに表示されるようになります。

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2010-12-12