関数、メソッド/Flash/動画の作り方の基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

関数、メソッド

Home>Flash>動画のつくりかた>関数、メソッド

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

関数やメソッドは、必要なときにプログラム本体から呼び出して、関数やメソッドに記述した処理のみを行わせることができます。

たとえば、ステージ上に2つのボタンがあり、どちらのボタンを押しても同じ処理をさせる場合には、まずその処理をさせる関数を記述し、その後、2つのボタンのクリックイベントにその関数の名前を指定します。

ボタン1.addEventListener( MouseEvent.CLICK, 関数名 )
ボタン2.addEventListener( MouseEvent.CLICK, 関数名 )
function 関数名( e:MouseEvent )
{
処理...
}

こうすることによって、同じ処理を1つの関数にまとめることができ、コードが冗長にならずに済みます。

関数のつくり方

関数を作るには、function 関数名 ( 引数 ){ 処理 }という書式で書きます。

関数とメソッドの違い

関数はユーザが自由につくることができ、関数の結果の値はreturnによって呼び出し元に返すことができます。

メソッドは、クラス定義に含まれる関数です。メソッドの名前は予め決められています。これらメソッドは、オブジェクトに何をさせたいかによって使い分けます。メソッドは、returnで値を返すことはありません。関数と違って、関連づけられたインスタンスと共に使います。

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2011-10-25