編集:タイムライン/Flash/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

編集:タイムライン

Home>Flash>操作リファレンス>編集:タイムライン

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[編集]->[タイムライン]は、ムービーの時間軸であるタイムラインのフレーム等の操作を行います。

[編集]->[タイムライン]

タイムラインの操作

フレームの削除

選択したフレームを削除します。フレームの内容もフレームごとなくなります。

フレームの削除

フレームのカット

選択したフレームを切り取ります。
切り取った箇所はなくなり、クリップボードにフレームの情報が保存されます。

フレームのカット

フレームのコピー

選択したフレームをコピーします。

フレームのコピー

フレームのペースト

コピーまたはカットしたフレームを、指定した箇所に貼り付けます。

フレームのペースト

フレームのクリア

選択したフレームの内容を削除します。フレーム自体は残ります。

フレームのクリア

すべてのフレームを選択

タイムライン上にあるフレームを、すべて選択した状態にします。

すべてのフレームを選択

モーションをコピー

タイムラインで指定したモーションをコピーします。

モーションをコピー

まず、モーションを作成します。
1フレーム目にオブジェクトを配置し、10フレーム目に[挿入]->[タイムライン]->[キーフレーム]を挿入します。
1~9フレーム目を選択した状態で、[挿入]->[タイムライン]->[モーショントゥイーンの作成]を挿入します。

モーショントゥイーンを作成

これで、モーショントゥイーンが作成されました。
9フレーム目のオブジェクトを変形すると、1フレーム目から9フレーム目の間に徐々に変形するように動画が作成されます。

このモーションをフレームごとコピーします。

ActionScript3.0としてのモーションのコピー

ステージ上に配置したインスタンスを使って動作を指定した際、その内容をActionScript3.0としてコピーします。
つまり、クリップボードには、ActionScript3.0のコードがコピーされた状態になっています。

まず、新規にActionScript3.0ファイルを作成し、図形を描画します。

新規作成で図形を描画

この図形を右クリック->[シンボルに変換]で、シンボル化します。

シンボルに変換

オブジェクトがシンボルに変換されステージのオブジェクトはインスタンスとなった

次に、タイムライン上の10フレーム目を選択して、右クリック->[キーフレームの挿入]で、キーフレームに変換します。

キーフレームに変換

キーフレームの手前、9フレーム目を選択して、右クリック->[モーショントゥイーンを作成]します。

モーショントゥイーンを作成

9フレーム目のインスタンスを選択して、好きな位置に移動します。
これで、1フレーム目のインスタンスが、9フレームで移動した位置まで動くムービーができあがりました。

モーショントゥイーンで動きを指定

次に、タイムライン上の1フレーム目~9フレーム目をすべて選択した状態で、[編集]->[タイムライン]->[ActionScript3.0としてのモーションのコピー](又は、右クリック->[ActionScript3.0としてのモーションのコピー])を指定します。
このとき、[ActionScriptで使用するインスタンス名]を聞かれますので、半角英数で入力します。

これで、このムービーをActionScript3.0に書き起こしたコードがコピーされました。

ActionScriptで使用するインスタンス名を入力

続いて、新規にActionScript3.0ファイルを作成します。
1フレーム目に四角形などのオブジェクトを描画します。
このオブジェクトを右クリック->[シンボルに変換]で、ムービークリップのシンボルにします。
ステージ上のオブジェクトはインスタンスになっているので、選択して、プロパティを表示し、[インスタンス名]を、先ほど[ActionScriptで使用するインスタンス名]で指定した名前にします。

インスタンス名を入力

タイムラインのフレーム1を選択し、右クリック->[アクション]で、[アクション]パネルを表示します。

アクションパネルの表示

この[アクション]パネル上で、右クリック->[ペースト]を指定すると、コードが貼りつきます。
パブリッシュすると、最初に作ったムービーがActionScript3.0で再現されます。

ActionScript3.0が貼りついた

モーションをペースト

コピーしたモーションを、指定したフレームに貼り付けます。

モーションをペースト

[モーションをコピー]でコピーしたモーションを貼り付けた状態です。

モーションを特殊ペースト

コピーしたモーションを貼り付ける際に、貼り付けるプロパティを指定することができます。

モーションを特殊ペースト

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2011-2-18