修正:ビットマップ/Flash/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

修正:ビットマップ

Home>Flash>操作リファレンス>修正:ビットマップ

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[修正]->[ビットマップ]は、ステージ上のビットマップ画像を入れ替えたり、ベクター画像に変換したりします。

[修正]->[ビットマップ]

 

ビットマップの入れ替え

Flashに読み込んだ画像ファイルを、別の画像ファイルに入れ替えます。

ステージ上のビットマップを選択

事前に、2つ以上のビットマップ画像がFlashに読み込まれている必要があります。
ステージ上のビットマップ画像を選択します。

ビットマップの入れ替えボックス

[修正]->[ビットマップ]->[ビットマップの入れ替え]を選択すると、上のような[ビットマップの入れ替え]選択ボックスが表示されます。
入れ替えたい画像を選択して[OK]をクリックします。

選択したビットマップに入れ替わった

選択したビットマップに入れ替わりました。

ビットマップのトレース

選択したビットマップ画像を、ベクター画像に変換します。

ビットマップ画像を選択

ビットマップ画像を選択した状態で、[修正]->[ビットマップ]->[ビットマップのトレース]を選択すると、[ビットマップのトレース]ボックスが表示されます。

ビットマップのトレースボックス

色数

[色数]の値が大きいほど、画像が絵画のようになります。

ノイズの許容量

[ノイズの許容量]の値を大きくすると、より画像は大雑把に色が選択され、細かい部分は塗りつぶされます。

トレースの精度

[トレースの精度]は、[ピクセル]、[最高]、[高]、[標準]、[大]、[最低]のうちから選びます。[ピクセル]を選択すると、細かくトレースします。つまり、より細かくベクター画像に変換します。

ポイントの数

[ポイントの数]は、[多い]、[標準]、[少ない]から選択します。
多ければ、より細かくベクターのポイントが設定されます。

ベクターに変換されたビットマップ

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2011-3-16