コマンド:XMLとしてのモーションのコピー/Flash/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

コマンド:XMLとしてのモーションのコピー

Home>Flash>操作リファレンス>コマンド:XMLとしてのモーションのコピー

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[コマンド]->[XMLとしてのモーションのコピー]は、モーショントゥイーンを設定したオブジェクトのプロパティ等の情報を、XML形式のコードに変換してクリップボードに貼り付けます。

[コマンド]->[XMLとしてのモーションのコピー]

コピーしたXMLコードは、[編集]->[ペースト]で、貼り付けることができます。

まず、通常のFlashファイルを作成します。
ステージにオブジェクトを配置し、シンボルに変換します。
10フレーム目に、キーフレームを挿入し、インスタンスを移動させます。

インスタンスを選択して、[コマンド]->[XMLとしてのモーションのコピー]をクリックします。

これで、XMLコードがコピーされました。
テキストファイルなどにペーストすることができます。

XMLコードをテキストに貼り付ける

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2011-4-11