修正:タイムライン/Flash/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

修正:タイムライン

Home>Flash>操作リファレンス>修正:タイムライン

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[修正]->[タイムライン]は、タイムライン上のレイヤーやフレームを操作します。

[修正]->[タイムライン]

レイヤーに配分

同じレイヤーに配置されているオブジェクトを、別々のレイヤーに配分します。

複数のオブジェクトが同じレイヤーに配置されている

上の図では、同じレイヤーに2つのオブジェクトが配置されています。
このときに、2つのオブジェクトを選択し、[修正]->[タイムライン]->[レイヤーに配分]を指定します。

レイヤーに各オブジェクトがひとつずつ配分された

すると、それぞれのオブジェクトがばらばらのレイヤーに配置されます。

レイヤープロパティ

レイヤーのプロパティ

名前

レイヤーに名前を付けます。

表示

チェックを入れると、レイヤーを表示します。
チェックをはずすと、そのレイヤーはステージ上に表示されなくなります。

ロック

チェックを入れると、そのレイヤーに配置されたオブジェクトなどはすべて編集できなくなります。

タイプ

レイヤーの種類を設定します。

標準

通常のレイヤーとして扱います。
フォルダからレイヤーに変換するときには、[標準]にチェックを入れます。

ガイド

レイヤーをガイドレイヤーにします。
ガイドレイヤーは、他のレイヤーに配置されたオブジェクトの、移動の軌跡を指定することができます。
ただし、[修正]->[タイムライン]->[レイヤープロパティ]->[ガイド]で、ガイドレイヤーにした場合には、ガイドの対象となるレイヤーを指定していないので、このままでは移動の軌跡を指定することはできません。

詳しくは「ガイドレイヤーを使ったモーショントゥイーン」をご覧ください。

なお、ガイドレイヤーは、パブリッシュしたときにムービーとして出力されません。

ガイドの対象

選択したレイヤーを、ガイドレイヤーの対象にします。
ガイドレイヤーの対象にすることで、ガイドレイヤーに描いた軌跡に対応させることができるようになります。

詳しくは「ガイドレイヤーを使ったモーショントゥイーン」をご覧ください。

マスク

レイヤーを、マスクレイヤーにします。
マスクレイヤーは、マスクの対象となるレイヤーに描かれている内容を、マスクレイヤーに描画した図形の形の部分のみ表示させます。
たとえば、スポットライトが当たるように表示させる場合に、使います。

ただし、[修正]->[タイムライン]->[レイヤープロパティ]->[マスク]で、マスクレイヤーにした場合には、マスクの対象となるレイヤーを指定していないので、別途、マスクの対象となるレイヤーを指定する必要があります。

マスクの対象

選択したレイヤーを、マスクレイヤーの対象にします。
マスクの対象としたレイヤーに描いたオブジェクトは、マスクレイヤーで描画したオブジェクトの範囲しか、表示されません。

マスクの対象のレイヤーにオブジェクトを配置

まず、マスクの対象にしたレイヤーに、オブジェクトを配置します。

マスクレイヤーにオブジェクトを配置

次に、マスクレイヤーにオブジェクトを配置します。

パブリッシュすると、マスクレイヤーに配置したオブジェクトの形に表示される

パブリッシュすると、マスクの対象にしたレイヤーのオブジェクトが、マスクレイヤーに配置したオブジェクト内の部分だけ、表示されます。

フォルダ

レイヤーをフォルダに変換します。
レイヤー内に配置されていたオブジェクトはすべて削除されます。

レイヤーからフォルダに変えるときの注意

フォルダからレイヤーに戻したいときは、[標準]にチェックをいれます。

アウトラインカラー

[表示]->[プレビューモード]->[アウトライン表示]にしたときの、アウトラインの色を指定します。

アウトライン表示については、「表示:プレビューモード」をご覧ください。

レイヤーをアウトライン表示

そのレイヤー内のオブジェクトを、すべてアウトライン表示にします。

レイヤーの高さ

タイムライン上に表示される、レイヤーの高さを、100%~300%の間で指定します。
特に見易さに問題がなければ、100%でいいでしょう。

フレーム反転

指定した範囲のフレームを逆順に並べ替えます。
[フレーム反転]は、たとえば、何もないステージに、徐々に絵が描かれていくようなムービーをつくるときに使えます。

まず、1フレーム目に完成形の絵を描きます(ここでは便宜的にオブジェクトにしています)。

ひとフレームずつキーフレームを挿入し、それぞれ徐々に絵を、[消しゴム]ツールで消していきます。

このままだと、絵が最終的に消えるムービーになっています。

ここで、すべてのフレームを選択し、[修正]->[タイムライン]->[フレーム反転]を選択します。

すると、すべてのフレームの順番が逆順に並び変わります。
この状態でパブリッシュすれば、徐々にオブジェクトが表示されていくムービーになります。

シンボルの同期

グラフィックインスタンスのフレームを増減したときに起こる、ずれを修正する際に使います。なお、この機能はモーショントゥイーンを指定したときに、自動的にオンになっているので、普段は意識する必要はありません。

同期がオンになっているかどうかは、モーショントゥイーンを設定したフレームを選択すると、プロパティに[同期]という項目が出現するので、チェックされているか否かで確認できます。

シンボルの同期の確認

シンボルの同期の意味を解説します。この確認をするために、上記の[同期]機能はオフにした状態を前提とします。通常は、自動的に同期がとられるので、以下の操作をする必要はありません。

グラフィックのシンボルを配置し、シンボルの編集画面で、5コマのフレームを持つシンボルにします。

グラフィックシンボルを編集

▲グラフィックシンボルの編集画面で5コマのフレームを指定

5フレームを持つシンボルにする

▲5フレームで90度回転するシンボルにする

メインタイムラインに10フレームを持たせ、6フレーム目をキーフレームにします。
先ほどのグラフィックシンボルのインスタンスを、1フレーム目に配置し、モーショントゥイーンを作成します。
これで、1~5フレーム目で1回、6~10フレーム目で1回の、計2回、グラフィックインスタンスが、動作することになります(下図)。

このときに、メインタイムラインの2フレーム目に1コマ、フレームを挿入します([挿入]->[タイムライン]->[フレーム])。

すると、1フレーム目から5フレーム目までで一区切りのモーショントゥイーンが、1フレーム目から6フレーム目までのモーショントゥイーンに拡張します。
このとき、6フレーム目を見ると、動作の最初のコマになっていますが、7フレーム目も最初のコマになってしまいます。本来ならば、7フレーム目は、2番目のコマになっていてほしいのですが、同期をしていないとこのようになってしまいます(下図)。

6フレーム目に最初のコマが表示されている

▲6フレーム目に最初のコマが表示されている

7フレーム目も最初のコマが表示されている

▲7フレーム目も最初のコマが表示されている

この問題を解決するには、レイヤー全体を選択し、[修正]->[タイムライン]->[シンボルの同期]をクリックします。
以下のように、7フレーム目が次のコマに修正されます。

7フレーム目が次のコマになる

キーフレームに変換

タイムライン上の、指定した場所のフレームを、キーフレームに変換します。

キーフレームとは、「ここからここまで」というタイムライン上の流れの1つの区切りを示します。

キーフレームには、新たにオブジェクトを配置したり、ActionScriptを記述したり、フレームラベルをつけることができます。

キーフレームに変換された

キーフレームを削除

タイムライン上にあるキーフレームを削除します。
キーフレームは、普通のフレームに変換されます。

キーフレームを削除

空白キーフレームに変換

タイムライン上にあるフレームを、空白キーフレームに変換します。
空白キーフレームとは、何も入っていないキーフレームのことで、タイムライン上では、白い○であらわされます。
内容があるキーフレームは、黒い●で表示されます。

内容のあるキーフレームを、空白キーフレームに変換した場合は、その隣に空白キーフレームが挿入されます。

空白キーフレームに変換

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2011-3-21