デバッグ:リモートデバッグセッションを開始/Flash/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

デバッグ:リモートデバッグセッションを開始

Home>Flash>操作リファレンス>デバッグ:リモートデバッグセッションを開始

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[デバッグ]->[リモートデバッグセッションを開始]は、リモートにあるswfファイルを、デバッグします。

[デバッグ]->[リモートデバッグセッションを開始]

デバッガとしては、以下のディレクトリにあるスタンドアローン又はActiveX又はプラグインのDebug Flash Playerが使われます。

C:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\Players\Debug

※上のディレクトリは、FlashCS3のインストールディレクトリです。インストールしたときの指定によって変わります。

ファイルをリモートからデバッグできるようにするためには、[ファイル]->[パブリッシュ設定]->[Flash]->[オプション]の[デバッグを許可]にチェックを入れます。

パブリッシュ設定でデバッグを許可する

ActionScript3.0又は2.0を含むswfファイルを保存します(今回はActionScript3.0が含まれる場合で行います)。
[デバッグ]->[リモートデバッグセッションを開始]->[ActionScript3.0]をクリックすると、[出力]パネルに、「Playerが接続されるのを待っています...」と表示されます。

このときに、先ほどのデバッガが保存されているパスをたどり、デバッガを起動し、swfファイルを指定して開きます。
以下のように表示されます。

デバッグプレーヤを起動

Adobe Flash Player9でデバッグ

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2011-5-8