修正:シェイプ/Flash/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

修正:シェイプ

Home>Flash>操作リファレンス>修正:シェイプ

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[修正]->[シェイプ]は、描画した図形の形を整えたり、シェイプトゥイーンの動作を制御したりします。

[修正]->[シェイプ]

滑らかに

フリーハンドで描いたような線を、滑らかな曲線に変換します。

Flash Professionalでは、[編集]->[環境設定]により、自動的に滑らかにする設定が初期設定でされています。

環境設定->描画

これらの初期設定をオフにしていたとしても、Flash Professionalは、自動的にある程度、曲線を滑らかにします。

鉛筆ツールで描いているところ

[鉛筆]ツールで描画している最中は、上の図のように、ギザギザの線になっています。

滑らかな曲線になった

左クリックを離して、描画を終了すると、自動的にギザギザが滑らかに修正されます。

このように、[修正]->[シェイプ]->[滑らかに]を指定すると、シェイプの曲線が、より滑らかな曲線になります。

まっすぐに

シェイプの曲線部分を直線に変形させます。
複数回適用することで、さらに直線に近づけます。

上の図のような、フリーハンドで描いた図がある場合に、[修正]->[シェイプ]->[まっすぐに]を指定すると、以下の図のように、直線に補正されます。

フリーハンドで描いた線が直線になる

この状態から、さらに[まっすぐに]を指定すると、さらに、直線に補正されます。

さらに直線に補正された

最適化

曲線の数を減らすことで、曲線を滑らかにします。
結果として、Flashドキュメントのサイズを減らすことにもなります。

線を塗りに変換

線の部分を「塗り」に変換します。
「塗り」に変換すると、バケツツールなどで別の色に変更することができます。

シェイプを選択する

ステージ上のシェイプをダブルクリックして、シェイプ全体を選択します。
[修正]->[シェイプ]->[線を塗りに変換]をクリックします。

枠線を選択すると、1つのシェイプとして認識されています。
今まで枠線の色として扱われていた部分が、シェイプの「塗り」になっています。

塗りを拡張

「塗り」の部分を拡張します。

上の項目で行った操作により、「塗り」となったシェイプの枠線を選択します。
この状態で、[修正]->[シェイプ]->[塗りの拡張]をクリックします。
以下のような[塗りの拡張]ダイアログボックスが表示されるので、[幅]と[方向]を指定して、[OK]をクリックします。

塗りの拡張ダイアログボックス

塗りとなった枠線の外側に、さらに20pxずつ塗りが加えられました。

塗りの拡張により塗り部分が増えた

ソフトエッジ

シェイプの外枠(エッジ)をぼかし、滑らかな表現にします。

ぼかしの幅をピクセル数で指定します。

ステップ数

[ステップ数]が多いほど、滑らかになりますが、その分容量が大きくなります。

方向

ぼかす方向を、シェイプの外側に増やす形でつけるか、内側に減らす方向でかけるかを指定します。

シェイプヒントの追加

[シェイプヒント]とは、シェイプトゥイーンを使って形を変形させるときに、変形する方向を指定する方法です。

ステージに図形を描画します。

別フレームに他の形の図形を描画します。
最初の図形に、右クリック->[シェイプトゥイーンを作成]を設定します。

別フレームに別の図形を描画してシェイプトゥイーンを設定

最初のフレームに戻り、図形を選択した状態で、[修正]->[シェイプ]->[シェイプヒントの追加]をクリックします。
図形に[a]マークが表示されます。

シェイプヒントが追加された

もう一方の図形にも[a]マークが表示されています。

さらに[シェイプヒントの追加]をすることで、シェイプヒントを増やすことができます。マークは、[b]、[c]と別名が付けられます。

このマークを最初のフレームと、最後のフレームで場所を変更すると、[a]マークのある部分から変形するように形を変えていきます。

上の例をサンプル動画にしたものを、以下に表示します。

すべてのヒントを削除

追加したシェイプヒントをすべて削除します。

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2011-3-19