embed要素/要素リファレンス/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

embed要素

Home>HTML>要素リファレンス>embed

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

embed要素の役割

embed要素は、音声や動画などのマルチメディアファイルを、HTMLファイルに埋め込むための要素です。
NetscapeNavigator独自の要素として策定されたため、対応しているブラウザはあるにせよ、正式な仕様が決められているわけではありません。
W3Cでは、マルチメディアの埋め込みには、object要素を策定しているので、object要素を使うべきでしょう。ただし、object要素に対応しておらず、embed要素に対応しているブラウザも存在するため、両方を指定する、といったやり方もあります。

embed要素に設定できる属性

属性名 意味
align object要素の後に続くテキストの表示位置を指定。
autostart 自動的に再生するかしないかを指定。
class クラス名。CSSを適用するときなどに使用する。
dir 文字表記の方向。左から右(ltr)と、右から左(rtl)を指定する。通常はltrなので、右から左へ表記する言語を使わないのであれば、指定しなくてよい。
height object要素の高さを指定。
hidden object要素の表示・非表示を指定する。
id ID名。CSSを適用するときに使用する。
lang 言語コード。日本語、英語といった言語を指定する。html要素に記述してあれば、明示する必要はない。
loop くり返し再生数を指定。
name object要素の名前。プログラムなどで使用する。
pluginspage マルチメディアを再生できないブラウザに対してプラグインファイルのURLを示す。
src マルチメディアファイルのURL。
style スタイルシートを直接記述する。
title 補足情報。テキストにカーソルを合わせるとtitle属性に指定した文字列をポップアップで表示する。
type マルチメディアのファイルタイプを指定。
width object要素の横幅。

embed要素の使い方

<embed src="マルチメディアファイルへのURL" type="application/x-mplayer2" autostart="true" width="320" height="285"></embed>

上記の例では、WindowsMediaPlayerで、マルチメディアファイルを、自動的に再生します。

align属性

bottom オブジェクトの下側にテキストを表示。
left オブジェクトを左、テキストを右側に表示。
middle オブジェクトの高さ中央にテキストを表示。
right オブジェクトを右、テキストは左側に表示。
top オブジェクトの上側にテキストを表示。

autostart属性

true ページを読み込んだら自動再生する。
false ユーザが操作しない限り再生しない。

hidden属性

true オブジェクトを表示しない。
false オブジェクトを表示する。

hidden属性をtrueにした場合、オブジェクトの表示は隠れますが、再生をすることはできます。

loop属性

true 永久に再生する。
false 1回だけ再生する。
1以上の整数 指定した回数再生する。

type属性

application/x-shockwave-flash Flash動画を再生する
application/x-mplayer2 WindowsMediaPlayerで再生する

→詳しくは「MIMEタイプ」をご覧下さい。

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2010-4-25