tfoot要素/要素リファレンス/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

tfoot要素

Home>HTML>要素リファレンス>tfoot

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

tfoot要素の役割

tfoot要素は、表組みにおいて囲んだ部分をフッタにします。
フッタに指定された部分は、必ず表の下に表示されます。
tfoot要素はtable要素内で用いられ、1つしか使えません。

tfoot要素に設定できる属性

属性名 意味
align 要素内の水平方向の配置を指定。
char 要素内の基準となる文字を指定。
charoff char属性で指定された文字から水平位置にずれる値を指定。
class クラス名。CSSを適用するときなどに使用する。
dir 文字表記の方向。左から右(ltr)と、右から左(rtl)を指定する。通常はltrなので、右から左へ表記する言語を使わないのであれば、指定しなくてよい。
id ID名。CSSを適用するときに使用する。
lang 言語コード。日本語、英語といった言語を指定する。html要素に記述してあれば、明示する必要はない。
style スタイルシートを直接記述する。
title 補足情報。テキストにカーソルを合わせるとtitle属性に指定した文字列をポップアップで表示する。
valign 要素内の垂直方向の配置を指定。

tfoot要素の使い方

<table border="1">
<tr><td>項目1</td><td>項目2</td></tr>
<tfoot>
<tr><td>項目3</td><td>項目4</td></tr>
</tfoot>
<tr><td>項目5</td><td>項目6</td></tr>
</table>

項目1項目2
項目3項目4
項目5項目6

上のサンプルコードではtfoot要素が真ん中に配置されていますが、ブラウザで実際に表示する際には一番下になります。

align属性

center 水平方向に中央揃えにする
char char属性で指定した文字に合わせる
justify 両端揃えにする
left 左側に寄せる
right 右側に寄せる

char属性

char属性は、ある文字を基準して認識させます。たとえば、小数点でそろえたいときなどに、char="."とすれば、ピリオドの位置を基準にして位置揃えを行わせることができます。しかし、char属性に対応しているブラウザはありません。

charoff属性

char属性で指定した基準文字から、水平方向にずらす値を整数で入力します。しかし、charoff属性に対応しているブラウザはありません。

valign属性

baseline テキストの1行目をアルファベットのベースラインに合わせて表示
bottom セルの下に寄せて表示
middle セルの垂直方向に真ん中にして表示
top セルの上に寄せて表示

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2010-6-14