rp要素/要素リファレンス/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

rp要素

Home>HTML>要素リファレンス>rp

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

rp要素の役割

rp要素は、ruby要素に対応していないブラウザ(ルビ文字が振られない環境)であっても、ルビであることがわかるようにブラウザで表示させるための要素です。

rp要素は、ruby要素に対応しているブラウザにおいては無視されます。
また、rbc、rtc要素を用いてルビを振る場合にはrp要素は使用できません。

rp要素に設定できる属性

属性名 意味
class クラス名。CSSを適用するときなどに使用する。
dir 文字表記の方向。左から右(ltr)と、右から左(rtl)を指定する。通常はltrなので、右から左へ表記する言語を使わないのであれば、指定しなくてよい。
id ID名。CSSを適用するときに使用する。
lang 言語コード。日本語、英語といった言語を指定する。html要素に記述してあれば、明示する必要はない。
style スタイルシートを直接記述する。
title 補足情報。テキストにカーソルを合わせるとtitle属性に指定した文字列をポップアップで表示する。

rp要素の使い方

<ruby><rb>IPO</rb><rp>(</rp><rt>Initial Public Offering</rt><rp>)</rp></ruby>

IPOInitial Public Offering

ブラウザがruby要素に対応した環境では、IPOの上に「Initial Public Offering」と表示されますが、ruby要素に対応していない場合には、「IPO(Initial Public Offering)」と表示されます。

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2010-5-16