テンプレートとして保存/ファイルメニュー/Dreamweaver/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

ファイル:テンプレートとして保存

Home>Dreamweaver>操作リファレンス>ファイル:テンプレートとして保存

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[ ショートカット:Alt + F → M ]

現在のファイルをテンプレートファイルとして保存します。
テンプレートファイルとして保存すると、ファイルメニューの「新規」で、「テンプレートから作成」のテンプレートのリストに登録されます。

編集可能領域を設定する

テンプレートファイルとして保存した場合、編集可能領域を設定しないと、新たに記事を書けないファイルになってしまいます。

テンプレートファイルから新規作成をしたとき、編集可能領域がないと何も記入できません。
そこで、テンプレートファイルの編集画面で、記入できる領域を設定した箇所に、「挿入」メニュー→「テンプレートオブジェクト」→「編集可能領域」を指定します。
編集可能領域の名前をつけて保存します。

編集可能領域の設定の方法

まず、テンプレートとして保存した保存したファイルを開き、編集可能領域を設定したい箇所のソースコードを選択します。

編集領域を設定したい箇所のソースコードを選択

「挿入」メニューより、「テンプレートオブジェクト」→「編集可能領域」を選択します。

挿入メニューより編集可能領域を選択

編集可能領域につける名称を決めます。

編集可能領域につける名称を決めます

編集可能領域が設定されました。編集可能領域は青い枠線で囲われます。

編集可能領域は青い枠線で囲われます

「ファイル」メニューの「新規」から、「テンプレートから作成」を選び、先ほどつくったテンプレートファイルを選択します。

ファイルメニューからテンプレートファイルから作成を選択

先ほど設定したテンプレートファイルを元にしたHTMLファイルの原形が表示されます。
編集可能領域に設定した箇所のみ、自由に編集できます。

編集可能領域に設定した箇所のみ自由に編集できます

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2009-12-21