最近使用したスニペット/挿入メニュー/Dreamweaver/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

挿入:最近使用したスニペット

Home>Dreamweaver>操作リファレンス>挿入:最近使用したスニペット

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[挿入]->[最近使用したスニペット]は、最近挿入したスニペットを7つの履歴まで表示されます。

スニペットとは

スニペットとは、予め挿入したいHTMLコードを設定しておいて、任意の場所に後から挿入できる仕組みです。

ライブラリと違うところは、ライブラリは挿入したファイルで挿入したコードを編集することができません。その代わり、ライブラリを更新すると、挿入したファイル内のコードも更新されます。

これに対してスニペットは、挿入したファイルにおいてコードを編集することができます。しかし、スニペットを更新しても、挿入したファイル内でのコードは更新されません。

スニペットをつくる

[ファイル]パネルを表示します。
※[ファイル]パネルは、[ウィンドウ]->[ファイル]で表示されます。

右側に[ファイル]パネルが表示されたら、[スニペット]タブを選択します。

スニペットパネル

パネルの下にある新規スニペットアイコンアイコンをクリックすると、新規にスニペットを作成できます。

スニペットの設定

名前

スニペットの名前です。全角・半角、どちらでも自由につけられます。

説明

このスニペットを何に使うのか、などの説明文を自由に入力します。
説明を確認するには、スニペットの編集をクリックして、スニペットの編集画面を表示します。

スニペットの種類

スニペットの種類とは、挿入するときにどのように挿入するかのタイプのことです。
スニペットの種類には2種類あります。

選択範囲を囲む

ドキュメントファイルを予め範囲選択して、その部分を囲むようにスニペットを挿入します。開始と終了タグで1セットとなるHTMLタグなどで使います。

ブロックの挿入

ドキュメント上のカーソルを置いた部分にスニペットを挿入します。終了タグがないHTML要素やテーブルなどの1塊のパーツを挿入するときに使います。

前に挿入

スニペットの種類を[選択範囲を囲む]にすると表示されます。
選択範囲の前に挿入される部分を入力します。

後に挿入

スニペットの種類を[選択範囲を囲む]にすると表示されます。
選択範囲の後に挿入される部分を入力します。

コードの挿入

スニペットの種類を[ブロックの挿入]にすると表示されます。
挿入するコードを入力します。

プレビュータイプ

スニペットのプレビュー画面

デザイン

ブラウザでの見え方で表示します。

コード

スニペットのソースコードを表示します。

スニペットの新規作成

[スニペット]パネルの中から再編集したいスニペットを選択し、下にあるスニペットを編集アイコンをクリックすると、既存のスニペットの編集画面が開きます。

編集画面は上記、新規スニペットの作成と同じです。

この操作は、スニペットを選択して[右クリック]->[編集]でもできます。

スニペットの削除

[スニペット]パネルの中から削除したいスニペットを選択し、下にあるスニペットの削除アイコンをクリックすると、スニペットを削除します。

この操作は、スニペットを選択して[右クリック]->[削除]でもできます。

新規スニペットフォルダ

[新規スニペットフォルダ]とは、スニペットパネルにフォルダを作成します。
このフォルダ内にグループ分けしてスニペットを保存することで、後からわかりやすくするように整理できます。

スニペットの挿入

スニペットをドキュメントに挿入するには、挿入したいスニペットを選択してから、スニペットパネルの下にある[挿入]ボタンをクリックするか、スニペット上で[右クリック]->[挿入]を選択します。

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2010-6-4