Word HTMLのクリーンアップ/コマンドメニュー/Dreamweaver/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

コマンド:Word HTMLのクリーンアップ

Home>Dreamweaver>操作リファレンス>コマンド:Word HTMLのクリーンアップ

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[コマンド]->[Word HTMLのクリーンアップ]は、Microsoft WordをつかってHTMLファイルに変換したドキュメントについて、成形します。

[コマンド]->[Word HTMLのクリーンアップ]

WordからHTMLドキュメントをつくる

Wordを使ってドキュメントを作成した後、保存するときに、HTML形式を指定します。

[ファイル]->[名前を付けて保存]->ファイルの種類を[Webページ(*.htm; *.html)]にします。

できたHTMLファイルを、サイト内に保存します。

Word HTMLのクリーンアップ

先ほどのWordから作ったHTMLドキュメントをDreamweaverで開き、[コマンド]->[Word HTMLのクリーンアップ]を指定します。

Word HTMLのクリーンアップ(基本)

Word HTMLのクリーンアップ(基本)

Word特有のマークアップをすべて削除

WordからHTML形式で保存した場合にできるタグを削除します。
削除するタグについては、以下の「Word HTMLのクリーンアップ(詳細)」をご覧ください。

CSSのクリーンアップ

WordからHTML形式で保存した場合にCSSに置き換えられた箇所の不要な部分を削除します。削除対象については以下の「Word HTMLのクリーンアップ(詳細)」をご覧ください。

<font>タグのクリーンアップ

font要素でフォントを設定している場合に、

ネストされた無効なタグを修正する

終了タグの前に開始タグが入り込んでいる状態を「ネスト」といいます。

<p>この文章<p>はネスト</p>されています</p>

この場合、終了タグがないとみなされる部分に終了タグが追加されます。

<p>この文章</p><p>はネスト</p>されています</p>

※開始タグは補完されません。

背景色の設定

HTMLドキュメントの背景色を指定した色にします。

ソースフォーマットの適用

Word HTMLのクリーンアップ(詳細)

Word HTMLのクリーンアップ(詳細)

Word特有のマークアップを削除

<html>からXMLを削除

htmlタグに含まれるXMLの記述を削除します。

<head>からWordのメタおよびリンクタグを削除

head要素内にある、Wordから作成したことを示すタグを削除します。Wordであることを示すタグには、meta要素の幾つかと、link要素が削除されます。

<meta name=ProgId content=Word.Document>
<meta name=Generator content="Microsoft Word 11">
<meta name=Originator content="Microsoft Word 11">
<link rel=File-List href="Filename.files/filelist.xml">

WordのXMLマークアップ

Wordで書き出す際にXMLタグが出力されている部分を削除します。

<![if ...]><![endif]>条件文タグと内容を削除

head要素内などで、<![if~]>から、<![endif]>までの部分を削除します。

スタイルから空の段落およびマージンを削除

CSSスタイルが適用されていても、内容がない部分を削除します。

CSSのクリーンアップ

可能な場合、インラインCSSスタイルを削除

CSSスタイルが各要素にstyle属性を使って適用されている場合、それらを削除します。

"mso"で始まるスタイルプロパティをすべて削除

CSSスタイルの名前がmsoで始まるものを削除します。

CSSスタイル以外の定義をすべて削除

WordからHTMLに変換する過程で生成された、CSSスタイル以外の定義を削除します。

すべてのCSSスタイルをテーブル行および列から削除

table要素の行(tr)や列(td)に設定されたCSSスタイルを削除します。

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2010-7-25