変換/ファイルメニュー/Dreamweaver/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

ファイル:変換

Home>Dreamweaver>操作リファレンス>ファイル:変換

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

現在のドキュメントの形式を以下のものに変換します。

  • HTML 4.01
  • HTML 4.01
  • XHTML 1.0
  • XHTML 1.0
  • XHTML 1.1
  • XHTML Mobile 1.0
  • XSLT 1.0

変換するには、ドキュメントがテンプレートを使用していないことが前提です。
ファイルの形式を変えるということは、DOCTYPEなど、ファイルの基本的な宣言や構造を変えることになるので、テンプレートファイル等で変更できないドキュメントはこのメニューは操作できません。
テンプレートを元にしてつくられている場合は、「このドキュメントはテンプレートをベースにしているため、XHTMLには変換できません。テンプレートからドキュメントを切り離すか、テンプレートファイルを変換してください。」と表示されます。

この場合、テンプレートファイル自体を変換します。

アクティブコンテンツ

アクティブコンテンツとは、ウェブ上で動作するプログラムの類のもので、具体的には以下のものが含まれます。

  • Flash
  • Shockwave
  • Javaアプレット
  • Real Media
  • Quick Time
  • ActiveXコントロール
  • プラグイン

Dreamweaverでは、これらのアクティブコンテンツが、正常に動作するように、もしくは動作しない場合に回避処置を儲けるためにコードを修復します。
通常は、Dreamweaverでページを読込んだときに自動で変換しますが、このメニューを用いて手動で変換させることもできます。

HTML 4.01 Transitional(トランジショナル)

HTML4.01の標準として定義された3つの文書型定義(DTD)のうちの一つ。
過渡的なDTDと呼ばれており、時期HTMLでは廃止する予定になっている要素もすべて利用できます。
過去のHTMLのバージョンと互換性があるため、最も利用しやすく感じるかもしれません。

HTML 4.01 Strict(ストリクト)

HTMLとは本来、文書の構造を示すものであって、見た目の装飾に使われるものではない、という考えを厳密に採用したバージョンです。
HTML4.01 Strictでは、フォントや色などの単に見た目のみを変更する要素や属性は使えません(使ってもブラウザに反映されません)。見た目に関する指定はすべてCSSで行います。

XHTML 1.0 Transitional(トランジショナル)

HTML 4.01 Transitionalを元に、XMLへ移行した定義で、要素や属性はHTML 4.01 Transitionalと殆ど同じです。
XMLであるため、HTML文書型定義を宣言するよりも先に、XML宣言をする必要があります。
また、XMLは要素の書き方には以下のルールを厳密に守らなければなりません。

終了タグは省略できない

XMLは、要素を示すタグは、必ず終了タグによって閉じなければなりません。
HTMLであれば、

<table>
<tr><td>データ
<tr><td>データ2
</table>

というような書き方もできましたが、XMLの場合は、必ず、

<table>
<tr><td>データ</td></tr>
<tr><td>データ2</td></tr>
</table>

と、閉じるタグをつけなければなりません。

また、<br>のように、閉じるタグがない場合(空要素と呼びます)には、

<br />

のように、閉じていることを示すためにスラッシュを入れます。

大文字と小文字は区別される

XMLでは、タグに自由に名前をつけることを想定しているため、大文字と小文字を厳密に区別します。
開始タグと終了タグを大文字と小文字にしてしまう、というようなことをするのは、間違いになります。

属性値はダブルクォーテーションで囲う

HTMLであれば、属性値をダブルクォーテーションで囲うことなく、指定することが可能でしたが、XMLでは必ずダブルクォーテーションで囲わなければなりません。

<table width=100%>

ではなくて、

<table width="100%">

とします。

XHTML 1.0 Strict(ストリクト)

上記、HTML4.01 Strictと同様、非推奨の要素や属性が使えなくなっているバージョンです。

XHTML 1.1

XHTML1.0 Strictを、モジュール化したものです。
XHTMLベースで記述することで、プラットフォームが異なる環境であっても、再現性を高めました。
定義済みのモジュールを追加するKとおで、他のDTDや独自に定義した要素や属性を組み込むことができます。

XHTML Mobile(モバイル)1.0

XHTML Basic1.0という、必要最低限の要素をサポートしたバージョンを、携帯端末用に拡張したものです。
見栄えに関係する要素を一部を除き排除しています。

XSLT 1.0

XSLTは、XML文書を他のXML文書やテキスト形式・HTML形式などに変換するための言語です。
XML文書のデザイン等、見た目に関する仕様を記述します。
スタイルシートとも呼ばれますが、HTMLで用いられるCSSとは違います。

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2010-2-3