表組み(テーブル)をつくる/Dreamweaver/HTMLの基本を学ぶ/ウェブ作成に役立つ情報サイト/It's a long way to the top

表組み(テーブル)をつくる

Home>Dreamweaver>ソフトの使い方>表組み(テーブル)をつくる

この情報はお役に立ちましたか?よろしければ皆様にもお知らせください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

[挿入]->[テーブル]又は、[挿入]ツールバーの[一般]カテゴリから、[テーブル]をクリックします。

挿入->テーブル

挿入メニューからテーブルを選択

[挿入]ツールバーの[一般]カテゴリから[テーブル]を選択

テーブルの設定

[テーブル]を選択すると、以下のようなダイアログボックスが開きます。

テーブルの設定

テーブルサイズ

[テーブルサイズ]では、何行、何列、テーブルの全体の幅、枠線の有無、セル内の余白(padding)、セルの間隔(spacing)を指定します。

ヘッダ

ヘッダのあるテーブルをつくる場合には、ここでヘッダの位置を指定します。

アクセシビリティ

ユーザに使いやすいテーブルにするために、必要な設定を行います。

[キャプション]は、caption要素をテーブルに追加します。
[サマリー]は、table要素にsummary属性を追加します。summary属性には、テーブルの説明文を入力します。
視覚的には表示されませんが、そのテーブルが何を意味しているのかをクローラなどに知らせることができます。

テーブルのプロパティ

テーブルのプロパティ

作業スペースにテーブルを配置した後で、デザインビューなどでテーブル全体を指定すると、プロパティインスペクタにテーブルのプロパティが表示されます。

ここで、行数・列数や幅を変更したりできます。

関連リンク

よく読まれている記事

UpDate:2010-10-1